あか毛和牛協会指定店です

うまい肉 あります!

当社は、食肉の総合卸です。
取扱品目は牛肉、豚肉、鶏肉、羊肉、鹿肉、鴨肉、ウサギ肉、雉肉、ダチョウ肉、馬肉、各種野鳥、等のあらゆる畜種の肉や内臓を、国産品から輸入品まで幅広く対応しております。
もちろんフォアグラやリードボーなどの特殊なものも取り扱っております。
また、カットや掃除・整形も承ります。
不得意分野は特にありません。
「肉」を提供されるすべての場面で喜ばれるよう、素材と技術を駆使したいと考えております。
私たちは「食肉」を通して地域社会の発展に寄与します。

 

食を支えるプロフェッショナルとして

 「札幌から全国へ、そして世界へ」。これは創業以来、北一ミートが掲げてきた目標であり、良質な食肉を多くの皆さまへお届けしたい、という私たちの願いです。これまで、食肉の加工卸販売を中心に、独自ブランド豚の開発、食品加工、飲食店経営など、「食」に関する分野でさまざまな展開を試み、実績を伸ばしてまいりました。
 この度、新社屋および工場を設立したことによって、より一層の品質と商品力の向上を可能にいたしました。徹底した衛生品質管理のもと、自社工場での大量加工を実現。また、お客さまのオーダーに合わせたカスタマイズ商品も得意としています。加えて、1キロ以下の少量からコンテナ単位まで、お取り引きの規模も大小を問いません。北一ミートならではの希少部位の取り扱いや、新たな入手ルートの確立、海外の情報にも敏感にアンテナを伸ばし、お客さまにとって優位性の高い商品提案を心がけています。
 私ども北一ミートは、地元札幌はもちろんのこと、全国の皆さまが口にする食肉を、自信をもって発信する食のプロフェッショナルでありたい。この自負と責任を胸に、外食産業を根底から支え、食肉を利用されるすべての皆さまの一助であり続けたいと願っています。そのための技術革新や努力は決して惜しまず、常に邁進する所存です。食肉業界のトップランナーを目指し、対応力ナンバーワンの評価をいただける企業として、これからも北一ミートの挑戦は続きます。

食文化に貢献する“創るチカラ”

 精肉は生きた食品。そう言っても過言ではありません。いかにスピーディに、そして衛生的に、効率よく出荷までを行うか。それが北一ミートの大きな課題の一つであり、新社屋を建設した目的です。ルールづくりを徹底し、人の導線を整え、白衣の脱着・手洗い・クリーンルーム等において衛生レベルを向上。強力な空気清浄機を導入してチリ・ホコリへの対策も徹底しました。
 加工した商品は、すべてX線画像が残るよう管理しており、生命に危険がおよぶ要素がないかチェックしています。工場内の気温はサラダが作れる13℃。肉の解凍も解凍室で徹底した温度管理が可能です。
 こういった技術と工夫のなか、数多くのお客さまに信頼いただいているのが北一ミートの商品です。そこには人的な努力も欠かせません。早朝の業務が大きいなか出勤時間を調整し、生産性を上げることで社員の労働の効率化を図っています。社員がどれほど生き生きと働き、公私ともに恵まれているか、それが企業の力と言えるでしょう。社員のなかには、冷凍庫にある商品数と何百とある店舗のレシピを記憶している者もいます。また専門的な知識を学んだ人材を用いることで更なる品質への挑戦も続けています。たくさんのお客さまとの出会いのなかで、もっともっと企業スキルを伸ばしていきたい。私たち、北一ミートの夢は広がるばかりです。
 

私たちは、北一ミートです。

会社概要

代表からのご挨拶と、当社の概要です。

メニュー開発

定番から時代のニーズに合わせたメニューまで。

北海道畜産発展を目指しての取り組み

私たちは北海道の食肉を、文化と知識もセットでご提供いたします。

鶏家とことん

当社直営の「鶏家とことん」をご紹介。

新着情報

2018.1.9
新社屋の稼働を開始しました!
工場内を15℃以下に保ち、高度な空気清浄を行い、
また、冷凍原料の加工については企業秘密ではありますが、
特殊な解凍技術を導入することで、更なるお肉の品質向上を図っております。
同時に衛生レベルの向上も実現しました。
今後の当社にご期待ください。
2017.7.26
新社屋建設スタート! 平成30年1月9日より稼働いたします。
新しい技術や設備を導入し、商品クオリティーの更なる向上を目指します。
ご期待ください!!
2016.6.17
北一ミートオリジナルポーク『札幌雪幻豚』の販売開始!
詳しくは[電話]011-783-7111
または[E-mail]info@kitaichimeat.com まで!

一覧ページへ

イベント情報

2017.3.27
4月12日(水)に北一ミート加工場にて、ソーセージ作り
(エマルジョンタイプと粗挽タイプの2種類を予定)
の講習を行います。
この講習には弊社の社員も参加します。

ご興味のある方は[電話]011-783-7111
または[E-mail]info@kitaichimeat.com
までお問い合わせ下さい。
2016.5.24
赤身重視の『和牛×ホルスのF1』や、最初から最後まで牧草で育てた『北海道産自然牛』をつくります!
これからテスト牛を定期的にスポット販売いたしますので、ご興味がある方は[電話]011-783-7111
または[E-mail]info@kitaichimeat.com まで!